カラコンが初めて

カラコンが初めての人のための安全ガイド

カラコン。いま若い女性のあいだですごく流行っていますよね。

流行にのってカラコンをつけたいけれど、いまさら聞けないカラコンの基礎知識ってあると思います。

その辺りをご紹介したいと思います。

カラコン。正式にはカラーコンタクトレンズと言います。

一般的な透明なコンタクトレンズとは違って、レンズ自体に着色されているコンタクトレンズのことをさして言います。

黒目が大きくなって見えたり、ブラウンやブルー、グリーンなどといった日本人ではあり得ない色の瞳に見せることができます。

カラコンってキケンじゃないの? といった意見を偶に聞きます。

確かに2009年以前は確かに粗悪品が出回ったり、色素が漏れ出て眼球を傷めてしまったということがありました。

これはそれまでのカラコンが医療機器ではなく、雑貨として扱われていたことが大きな原因でした。

当時、お洒落目的のカラコンには度数が入っておらず、薬事法では医療機器と区分されていませんでした。

「雑貨」として扱われてしまった結果、処方箋などいらず気軽に買えることからか人気に火がついたのです。

人気がでた結果、価格競争になり粗悪品が出回る、といったことにつながっていった背景を鑑みた厚生労働省が2009年にカラコンを医療機器に指定することになったのです。

以降、医療機器に認定されたこともあり、粗悪品などは少なくなってきています。

ただそれでもやっぱり目に直接触れるものですから、正しく取り扱うことは最低限の守ってくださいね。

では、カラコンの取り扱いについてもう少し。

カラコンがお家にとどいたときに何をしましょうか?

いきなりつけてみる?

はやる気持ちはわかりますが、それはちょっと待ってください。

まずはカラコンを外箱から取り出して、レンズに傷がないかどうかチェックしましょう。

たいていは透明な容器に入っていますから開封することなく、レンズのチェックができます。

それで傷がなければ、次はコンタクト洗浄液で洗ってください。

コンタクトレンズを洗ったことがない方のために説明すると、指の腹できゅきゅと洗浄液をつけて洗ってくださいね。

こうして汚れを落としておきましょう。

次に実際に装着してみる場合ですが、その場合は、まず手を洗うこと。

意外と気にしていない方も多いですが、手には色んな細菌がついています。

それが原因でカラコンを装着したあとに目が炎症になることもよくあります。

ですので、気をつけてくださいね。

基本的には清潔に保つことです。

目が乾きやすい方は目薬の常備を忘れずに。

カラコンをつける、つけない以前の話で恐縮ですが、これもカラコンをつけておしゃれを愉しんでもらうため。

せっかくカラコンをつけておしゃれをしても、目を患ってしまったらその愉しい気分が台無しですから。

健康的な生活あってのカラコンなので、カラコンは正しく使って、おしゃれをたのしんでくださいね。

Fall in Eyez